介護予防事業

健康寿命を
自らの手で

老後の幸福度を高め、社会保障制度を安定させるためには介護状態を予防することが大切です。介護状態となると生活することの負担は大きくなり、個人の幸福度は落ちてしまいます。さらに、介護状態が悪化する肩が増えると医療保険や年金保険、介護保険などの社会保障制度を圧迫しています。私たちは個人の幸福度と社会の安定性を高めるために、介護を予防して健康寿命を延ばすことが大切と考えています。

健康寿命を延ばすためには3つのことを大切にしています。

  • 自分の健康を自分で守る
  • 周囲の人とつながる
  • 地域の活動や自分の趣味を大切にする

私たちの介護予防教室では参加者が自分の健康を自分で守ることができるようにします。そして、参加者同士でつながり、参加者の活動が広がるようにサポートします。最後に自分の趣味や地域活動、友人との交流などを長く続けられるようにしていきます。

BLOGサブタイトル

最近の記事
おすすめ記事
  1. 沖縄県緊急事態宣言によって広場は中断です。動画でご挨拶!

  1. 登録されている記事はございません。
TOP